自家焙煎へのこだわり

WESTWOODでは「渋みの少なさと、シャープでスッキリした飲みくち」にこだわり、直火焙煎を行っています。
ここでは、焙煎へのこだわりを、実際の工程を交えつつご紹介いたします。

厳しい目で選び抜かれたコーヒー豆

美味しいコーヒーを淹れるための最初のステップ、

それは「コーヒーの生豆を選ぶこと」です。

コーヒー業界で40年、良質なコーヒー豆を選ぶ目には自信があります。

産地の厳選はもちろん、生豆に触れ、直火焙煎との相性もイメージしながら、よりランクの高い豆を、仕入れています。

 

豆の美味しさを最大限に引き出す、丁寧な自家焙煎

どんなにコーヒー豆を厳選し仕入れても、生豆の中には、欠点を持つ豆が含まれています。

「欠点豆」と呼ばれる、この豆は、口当たりを損なう一因になるため、焙煎前に「ハンドピック」と呼ばれる「間引き」を行います。

生豆に触れ、手触りと、視覚を頼りに欠点豆を判別し、取り除いていきます。

この「ハンドピック」の工程は、生豆の状態で「一度」だけ行うのが一般的です。しかし、WESTWOODでは焙煎後に「もう一度」行っています。

焙煎後のハンドピックでは、焙煎時の「直火」に耐えきれなかった豆を取り除きます。

二度のハンドピックによって、香りや口当たりをより表現できるよう工夫しています。

マニュアル操作の焙煎機だからできる直火焙煎

WESTWOODの開業当時から相棒を努めている国産の焙煎機。

空気とガスの量を細かく調整できるのが特徴です。

自動の焙煎機に比べて多くの手間が掛かる分、豆の特徴や、コーヒーの淹れ方に合わせた、こだわりの焙煎を行うことができます。

例えば、生豆を焙煎機に投入した直後に「空気を減らし、生豆の持つ水分を飛ばす工程」があります。

空気とガスの調整ができるこの焙煎機だからこそ、「徹底的」に水分を抜くことができています。

コーヒー豆の水分は、後に渋みとなり、淹れたときの味を大きく左右してしまいます。

WESTWOODのコーヒーを飲んだとき、「渋みが少ない」と感じるのは、この工程を丁寧に行っているからなのです。

水分を飛ばした後は、豆の色・香り・爆ぜる音を確認しながら、ガスや空気の量を丁寧に調整します。

これも、長く連れ添った相棒だからこそできる技です。

焙煎後は、数日かけてコーヒー豆に含まれる「ガス」を抜きます。

この工程は「エージング」と呼ばれ、柔らかく口当たりの良いコーヒーになります。

WESTWOODでは「ガスだけを逃し、香りを逃さない」一工夫をしています。

 

上記の工程を経て焙煎されたコーヒー豆は、WESTWOOD店内にて、ハンドドリップでご提供させていただいております。

また、コーヒー豆の販売も行っておりますので、ご自宅用・ご贈答用にもご利用ください。

焙煎は毎日、開店時間の前後から行っています。

開店直後の時間であれば、焙煎風景を間近に見ることができるかもしれません。